空調X

全館冷暖房システム完備の家「空調X」

いつでもどこでも上質な「快適」を。

すべての部屋でいつでも快適な室温を保つ全館空調システム。

さらに高気密、高断熱な工法により、空気のコンディションを徹底的に効率化しています。

煩わしいリモコン操作はもういりません。

ただつけておくだけで低コストで家中が快適に保たれます。

弊社従来商品を超えた最高峰の家

デザインハウス史上最高性能、UA値0.42を誇る、「THE超DAN-NETSU」に、さらに全館冷暖房システムを搭載した最高峰の家。

上質の快適さを実現しました。

「空調X」について

全館空調

デザインハウス×デンソーセールス パラディア いつでも、どこでも、誰にでも

24時間365日いつでもどこでも家中を快適な環境に保ちます。

暑いときや寒いときだけお部屋ごとに空調を入れるのではなく自動で効率よく、常に快適に室温を管理。

特徴1 いつでも快適

24時間、365日。年中無休で快適な温度とキレイな空気でコントロール

特徴1 いつでも快適

24時間、365日。年中無休で快適な温度とキレイな空気でコントロール

特徴1 いつでも快適

24時間、365日。年中無休で快適な温度とキレイな空気でコントロール

小さなお子様に健康的な生活を

風の流れがゆるやかな全館空調は、ハウスダストやダニなどアレルギーの原因となる物質が舞い上がりにくく、生活する高さの低いお子様にとっても安心です。


子育てパパを快適に

トイレトレーニングや歯磨きの練習も、トイレや洗面脱衣室が寒いとパパもお子様もどちらもつらく感じます。家じゅうの温度差が少ないので、がんばるお子様を優しくゆっくり見守ることができます。

家事に忙しい奥様を快適に

毎日の生活に欠かすことができない炊事や洗濯。夏のキッチンでの炊事、冬場の洗濯、アイロン掛けなどのときも、家事に伴う家の中の移動も含めて、家事がおっくうになりません。

これからの生活に安心を

◎年齢を重ねていくと、健康にも不安を覚えるもの。

ヒートショックの原因のひとつとなる温度差が少なく、安心の生活を。


◎家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています※。夏場、一日中快適な温度に保ち、熱中症の予防に。


※環境省熱中症予防情報サイト 熱中症環境保険マニュアル2018より抜粋

家族の一員のペットにも快適を

全館空調なら暑さに弱いペットにとっても快適な生活を。

ペットのお留守番中も安心してお出かけできます。

一般的なの家との違い

空調Xと一般的な家との違い。
空調設備一台だけですべての部屋が快適に!!

24時間365日いつでもどこでも家中を快適な環境に保ちます。

暑いときや寒いときだけお部屋ごとに空調を入れるのではなく自動で効率よく、常に快適に室温を管理。

Point1!

24時間、365日。
玄関も廊下もお部屋も、家中の温度差が少なく快適。

空調Xと一般的なルームエアコンの室温分布比較(暖房時)

居室以外の、玄関、ホール、洗面所、廊下も快適
ヒートショックの原因の一つでもある「温度差」の少ない状態を保ちます。

ルームエアコンの場合

居室以外は空調しない為、居室と共用部の温度差が大きく不快に 感じます。

●建物/施工面積1階73.28㎡、2階69.97㎡、延床面積1階69.97㎡、2階62.52㎡(吹抜面積7.45㎡)、2X6エ法、断熱性能はUa値:0.6相当 ●暖房運転を想定し、外気温度を0℃、全館空調、ルームエアコンともに0時~6時18℃、その他:22℃設定、24時間経過したときの計算例。この為、品質を保証するものではありません。●機器の能力は、全館空調は小屋衷タイプ4馬力相当(暖房定格能力:11.2kW)で、ルームエアコンについては1階に3台と2階に3台の5馬力相当(暖房定格能力:2.2kW(6畳用)X6台:13.2kW)とした。●ルームエアコンについては実際の生活で想定されるON·OFFを行った。●本シミュレーションでは、株式会社アドバンスドナレッジ研究所のFlowOesignerを使用。●排気は局所ファン連転状態でのシミュレーション結果

ヒートショックとは

ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって団圧が上下に大きく変動することをきっかけにし て起こる健康被害のことです。失神や不整脈を起こしたり、急死に至る危険な状態で、気温の下がる冬場に多く見られます。※1そのため、居 室と廊下や洗面所などの温度差をできるだけ少なくすることが大切です。

※1.高橋竜太郎(2014)「入浴時の温度管理に注意してヒートショックを防止しましょう」東京都健康長寿医療センター研究所

Point2!

24時間、365日。
ゆるやかな風の流れを家全体に。直接風が当たる際の不快感がありません。上下の温度差も少なく、快適なお部屋環境に。

Point3!

熱交換することで、冷暖房するエネルギーを最小限に!

Point4!

インテリアを邪魔しない。

ルームエアコンは、美しいインテリアを求める方にとっては悩みの種。

空調Xなら室内に露出するのは吹出口だけなので、部屋全体のイメージをこわさず、こだわりの空間が実現できます。

Point5!

エクステリアもすっきり。

空調Xの室外機は2台です。一般的なルームエアコンの場合は5~6台必要になります。

大きさも一般的なルームエアコンの室外機と同じくらいで、見た目の圧迫感も無く、敷地を有効に活用できます。

屋外配線も少なく、建物のデザインを損ないません。

Point6!

フィルターのお手入れも手軽。

全館空調のランニングコスト

全館空調のランニングコストについて

空調Xは断熱性能の高い建物(Ua値:0.34※)で、全館空調を効率よく運転します。

試算条件

  • ■設置機器:空調×(3馬力)■電気料金単価(2018年8月時点):東京電力エナジーパートナースタンダードプランL
    単価は3段階料金にて試算19.43円/kW(~120kW)、25.91円/kW(12l~300kW)、30.02円/kW(300kW~)
  • ■建物条件:109.3㎡ 2階建て Ua値:空調×は、0.34、省エネルギー基準(平成25年基準)の建物:0.87
  • ■気象条件:熱負荷計算ソフト「SMASH」東京気象データ外気温度を使用
  • ■設定温度:冷房27℃、暖房21℃で常時運転した場合(除湿運転はしない条件)と時間帯毎に設定温度を変更した場合。
  • ※基本料金は試算結果に含んでおりません。

ライフスタイルに合わせて上手に使えば、さらなる省エネ運転が可能

【ライフスタイル】
奥様は昼間はバート
お子様は学校のため、昼間は不在がち。
週末も家族でのお出かけが多く不在がち。

試算条件

  • ■設置機器:空調X(3馬力)■電気料金単価(2018年8月時点):東京電力エナジーパートナースタンダードプランL
    単価は3段階料金にて試算19.43円/kW(~120kW)、25.91円/kW(12l~300kW)、30.02円/kW(300kW~)
  • ■建物条件:109.3㎡ 2階建て Ua値:空調Xは、0.42
  • ■気象条件:熟負荷計算ソフト「SMASH」東京気象データ外気温度を使用
  • ■設定温度:メインリモコン設定温度 冷房23時~30℃、7時~27℃、9時~30℃、15時~27℃、暖房23時~19℃、7時~21℃、9時~18℃、15時~21℃
    サブリモコン:冷房23時~28℃、7時~29℃、9時~30℃、15時~27℃、暖房23時~20℃、7時~19℃、9時~18℃、15時~21℃
  • ※基本料金は試算結果に含んでおりません。
  • ●特定の条件におけるシミュレーション結果であり、目安です。
    住まい方や空調機の使用条件、地域、仕様、間取り、建物経年変化、建物密集度や季節変動により値は変化します。

システム構成

システム構成

ハイグレードな仕様・設備

ハイブリッドサッシ、アルゴンガス入りLow-Eトリプルガラス「サーモスX」

重要な開口部に強力なサッシを採用

住宅の熱を失う原因の6割以上は開口部であると言われています。そこで開口部には高断熱なLow-Eの3層のガラスにアルゴンガスを封入し、徹底的に断熱性が高められたサッシを採用しました。

熱を伝えにくい材質の「樹脂」と、剛性・耐久性の高い「アルミ」を使用
したハイブリッドサッシ。

ツーバイシックス構造で断熱材の厚みは89mmから140mmへ

高性能グラスウール40k相当の熱伝導率を実現

断熱材で住空間を包み込むことにより、少ないエネルギーで一年中を快適に過ごすことが可能です。ツーバイシックス構造によって断熱材が更に厚みを増しているだけではなく、高性能グラスウール40K相当の熱伝導率0.034のアクリアウールαを使用しています。


グラスウール断熱材の中で世界最高水準

微細な繊維によって空気の小部屋を作ることで高い断熱性を実現した高性能グラスウール。経年劣化しにくく耐久性に優れています。また耐火性も高く火事の際の類焼、延焼を防ぎます。多くの実績のある信頼性の高い断熱材です。(※2014年7月発売時の最高水準です)

壁内の環境を守り、赤外線を反射する遮熱透湿防水シート

強靭な不織布と特殊アルミフィルムの多層構造

構造内の湿度を外気へと逃がす重要な役割の透湿防水シートに、更に遮熱層を搭載した遮熱・透湿防水シートを使用しています。特殊アルミ蒸着フィルム層を追加することで赤外線を反射し、室内への熱の伝達を遮断します。多層構造になったことでさらに耐久性と防水性も向上しています。

ツーバイシックス構造への変更

ただでさえ強固なツーバイフォー構造をさらにツーバイシックス構造に変更しています。使用する木材の幅が89mmから140mmになることで壁が厚くなり、耐久性が高まります。さらに断熱材の厚みも増えるので断熱性能を向上させることが可能です。


床下断熱材「ネオマフォーム」90mmを採用

世界最高レベルの熱伝導率、「ネオマフォーム」

数値が小さいほど断熱性能が高いことを示す熱伝導率。ネオマフォームでは世界最高レベルの0.020W/(m・k)でほか断熱材と比較しても圧倒的な断熱性能を誇ります。また、経年劣化が非常に少なく、フライパンの取っ手などに

も使われるほど耐熱性の高い材質で出来ています。

PAGE TOP ▲